知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

【予備実験】キレイな層のジュースを作りたい!

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

これまでの失敗作Take1、Take2についてもこのブログの最後に動画を紹介していますので最後まで見てね!

【予備実験】キレイな層のジュースを作りたい!」

必要な時間 20分 (保温時間8時間程度)
難易度 ★★★☆☆

キレイな層のジュースづくりに挑戦します!
今回は比重の違いによってきれいな層ができるのか検証してみたいと思います。

用意するもの

・角砂糖
・食用色素
・水

<使用する器具>
・色水を作るコップ
・最後に層を作るためのコップ
・そそぎ口のとがった計量カップ
・スプーン、マドラーなど

手順

1.5色の食紅で角砂糖0個、2個、4個、6個、8個と個数を変えた砂糖水を作る

2.砂糖の量が多い順にグラスにそろりと注いでいく 

結果

キレイな虹色の層になりました!

台所実験家サッキィの解説

今回比重の違いによって砂糖水の層を作ろうとかんがえていました。
砂糖は化学式で書くとC12H22O11分子量342です。水がH20分子量18なので砂糖を溶かすことで比重が大きくなることがわかります。(分子量=分子の質量)
Take1の反省点として
・比重の差が大きくなかったこと
・注いだ容器の表面積が大きすぎて層の高さが短すぎたこと

を踏まえて、
今回は角砂糖を2個づつ増やして比重を変えた液を順番に注ぎました。
これまでの失敗作も以下に紹介しておきます❣

まとめ

今回は液体に溶かす砂糖の量で比重が変わり、比重の重たい液体から順番に注ぐことで、各比重ごとに層ができることを確認できました。
甘すぎて飲む気がしませんが、今後は美味しく飲めるジュースを作りたいと思います!

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter