知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

色が変わるしそジュースを使った実験まとめ

こんにちは!台所実験のおねえさんサッキィです。食に科学のエッセンスをプラスして台所が楽しくてわくわくする場所になるような発信をしています。毎日台所で何かしら実験しています。(#一日一台所実験 のハッシュタグをつけてつぶやいています。https://twitter.com/sawakichi3)こちらのブログではその実験の結果をまとめています。

今回は色が変わるジュースのご紹介です。

<用意するもの>

  • しそシロップ
  • レモン汁(柚子酢など酸味の強いもの)

<しそシロップを自作する場合>
 ・赤しそ 100g
 ・水   300㏄
 ・砂糖  300g
 ・塩   少々 (赤しその下処理に)
 ①しそは塩で揉んでアクを抜く、
  →塩気がなくなるまで水ですすいで固く絞っておく
 ②鍋に水を入れ沸騰したらしそを入れて5分ほど色を出す。
 (葉の色が抜けて緑色になったら取り出す)
 ③砂糖を加え煮溶かす(500mlになるまで煮詰めて出来上がり)

色が変わるジュースの変化をみてみよう!

シロップを水で割ってちょうどいい甘さに薄めます。
そこにレモンやレモン果汁を加えてみてください。
あら不思議!ジュースの色が変わりました。

色が変わるのはどうして?!

赤シソに含まれている色素(アントシアニン)は、酸性度によって色が変化していきます。酸性の性質はレモンのように酸っぱいもの、反対がアルカリ性といって重曹や灰汁や石けん液などがこの性質を持ちます。
アントシアニンは酸性側では赤色、アルカリ性側では青色、中間の中性では紫色を呈しています。今回、何も加えない状態(中性で紫色)からレモン水を加え(酸性で赤色)変化したということです。

色が変わるゼリーも作ってみた

もともとはゼリーをつくっていましたが、なかなか固まらなくてジュースの実験を先に行いました。

<材料>
 ・しそジュース(薄めたもの) 300g
 ・ゼラチン(水大1でふやかす)  5g
 ・レモン汁、スライス       適量

鍋にしそジュースを温め、ゼラチンはレンジで温めて溶かす。ジュースが人肌より少し暖かいくらいになったら溶かしたゼラチンを加えよく混ぜてから型に流して冷蔵庫で冷やし固めます。 

ゼリーにレモン汁を加えた結果、ゼリーは赤紫に変化しました。
ジュースと違ってゼリーの周りから徐々に変化するので面白いですね。
今回は重曹を加えたものも作ってみましたが、紫→青→緑と変化をとげました。

まわりから徐々に変化するのでぜりーの外側と内側にグラデーションができてキレイです。スイーツのメニューにしたら見て美味しい、食べて美味しい二度楽しめるますね!