知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

かわいいツートンカラーのカフェオレをつくろう

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

かわいいツートンカラーのカフェオレをつくろう」

必要な時間 20分 (保温時間8時間程度)
難易度 ★★☆☆☆

キレイな2層のカフェオレづくりに挑戦します!
コーヒーと牛乳の比重の違いによってきれいな層ができるのか検証してみたいと思います。

用意するもの

・コーヒー(豆からかインスタント)
・牛乳

<使用する器具>
・最後に層を作るためのコップ
・そそぎ口のとがった計量カップ
・スプーン、マドラーなど

手順

1.牛乳からコップに注ぎそこにコーヒーを注ぐ

2.コーヒーからコップに注ぎそこに牛乳を注ぐ

3.冷やしたコーヒーからコップに注ぎそこに温めた牛乳を注ぐ

4.ガムシロップとコーヒーを注ぎ、そこに牛乳を注ぐ

結果

台所実験家サッキィの解説

今回は牛乳とコーヒーの比重の違いによって2つの層を作ることを実験してみました。
コーヒーと牛乳では比重(同じ体積当たりの重さ)は牛乳の方が大きいので(100㏄あたり、コーヒーは約100gに対し牛乳は約102g程度です)二つを混ぜると牛乳が下に沈む傾向にあります。
もともと牛乳が下にあった状態で上にコーヒーを注いだ➀は成功しました。
逆の状態だった②はコーヒーが上に上がろうとして液が混ざってしまいました。
③は温めることで牛乳の体積が膨張して比重が小さくなることを期待して行いましたが、それでも牛乳は沈みました。
最後に④ではガムシロップをコーヒーに加えました。結果的にはコーヒーを下にすることに成功しましたのでガムシロップ入りのコーヒーが牛乳より比重が重たくなったことが分かります。

まとめ

今回は色々と条件を変えて2層に分かれたカフェオレを作ってみました。
注ぐのが難しくてまだまだ上手に注げないけど、この後何そうにも分かれたジュースを作れるようになるため頑張ってマスターしたいです!みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter