知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

ほんのり色が変わる青いパンケーキ

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

今日の実験 ほんのり色が変わる青いパンケーキ」

必要な時間 30分
難易度 ★★★☆☆

用意するもの

【手のひらサイズのパンケーキ8枚分】
・薄力粉 200g
・砂糖  20g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・牛乳 50㏄(なくてもOK)
・卵白 2個分
・バタフライピー 花10個分くらい
・水適量 (牛乳、卵白と合わせて合計200㏄程度)

・レモンのはちみつ漬け
 または、レモン汁+ガムシロップでもOK

手順

1.バタフライピーはお湯を注いで色を出しておきます。

2.材料をはかり、混ぜます。

3.フライパンで薄めに焼きます。

4.はちみつレモン又はレモン汁にガムシロップを合わせた液をかけると、色が変わります。

結果

ケーキはきれいな青色に焼けました!
レモンのシロップがかかると徐々に色が変わっていきました。

台所実験家サッキィの解説

バタフライピーの色素が変わる理由をここでは分かりやすく説明します。
バタフライピーにはアントシアニンという色素が含まれています。アントシアニンは酸性〜中性~アルカリ性に変化する過程で色が変わるという特徴を持っているんです。

酸性のとき: 赤紫~紫色
中性のとき: 青色
アルカリ性のとき: 青緑色

今回は、実験の最初は青色でレモンを乗せるとに変化したのでレモンの酸性によって紫色に変化したことが考えられます。

まとめ

バタフライピーで色づけたパンケーキはきれいな水色になりました!
色の変化は地味でした。紫芋パウダーやブルーベル―を混ぜた生地でも同じように色の変化を見ることができるので、お家にあるブルーベリージャムなどでためしてみてください♪

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter