知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

ハロウィンにぴったり♪蜘蛛の巣スープ

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

今日の実験 ハロウィンにぴったり♪蜘蛛の巣スープ」

必要な時間 40分
難易度 ★★★★☆

用意するもの

【材料】
・玉ねぎ 1個
・じゃがいも 2個(カボチャでもOK)
・牛乳200~300㏄(固さをみながら)
・黒米粉(紫芋でもOK)
・塩 お好み
・生クリーム 適量

【使う道具】
・ブレンダー

手順

1.玉ねぎじゃがいもをザクザク切って柔らかくなるまで煮ます

2.ブレンダーで滑らかにします。この時色を付けます(今回は黒米粉)

3.牛乳でとろみを調製

4.さらに盛り付け生クリームをクルクルと入れて、
  箸で中心から外に線を引くとくもの巣風になる

結果

くもの巣を描くのはなかなか難しかった。
くもの巣ということで子どもたちが食べるのか不安でした。
くもの巣という前に、黒いスープで警戒していたのですが、くもの巣を書くのに使った生クリームは大好物なので恐る恐る食べました。食べてみるといつも食べているポタージュとさほど味が変わらないことが分かって安心したのか完食してくれました。

台所実験家サッキィの解説

黒米はその名の通り黒い色をしたお米です。
でも、本当の色は紫黒色です。紫が濃すぎて黒に見えますが、ご飯に入れて炊くとほんのり紫になります。この色素はアントシアニン系の色素のため酢飯にするとほんのりピンクになるのです。
ということは?このポタージュにもお酢をいれると・・・?と思いますが、美味しくなくなりそうなので致しません(笑)

まとめ

今回は黒いポタージュにくもの巣をあしらうのに挑戦してみました。黒米の粉は珍しいので、紫芋の粉やカボチャで作ってもきれいです。
くもの巣を描くのは難しかったけど、緩めにホイップして絞り出すときれいにできるようです。
この方法でまた挑戦してみたいと思います。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter