知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

ハロウィンの日のお風呂は♪目玉のバスボム

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるのでみてね)

今日の実験「ハロウィンの日のお風呂は♪目玉のバスボム」

必要な時間 30分
難易度 ★★★★☆

バスボムはお風呂に入れてシュワシュワ気持ちいい入浴剤のことです。

この実験をするには・・・

用意するもの

【目玉3個分】
 ・塩(しっとりしたもの) 大さじ6   
 ・クエン酸        大さじ6
 ・重曹          大さじ6
 ・エッセンシャルオイル  合計15滴程度
 ・炭パウダー       小さじ1

【使う道具】
 ・おもちゃ(小さいもの)
 ・小さいビニール袋
 ・ラップ
 ・半球型のガラス皿 2個

※エッセンシャルオイルは精油とも呼ばれアロマグッツ売り場に売っています

手順

1.ビニール袋の中に、塩、エッセンシャルオイル、クエン酸、重曹の順にいれて都度混ぜる

2.大さじ1程度分けて、そこに炭パウダーを入れる

3.半球型のガラス皿にラップを敷いて底に2の炭色にした分を丸く置く

4.残りの白い部分をかぶせ入れて、おもちゃを仕込む

5.もう一つの半球型の方にも白のみを入れて4と合わせて球型にする

結果

もう少し小ぶりのものを作ると、リアル感が増して「目から目玉が飛び出した~!」と言って遊べそうですね!

台所実験家サッキィの解説

ここではバスボムがなぜシュワシュワするのか分かりやすく解説していきます。
まず、このシュワシュワするガスの招待は、炭酸ガス(二酸化炭素)です。
今回反応しているのはクエン酸と重曹です。
クエン酸は酸っぱい酸性、重曹はその反対のアルカリ性の性質があり、それが合わさると打ち消し合って中性になります。
その時、重曹についている炭酸(-HCO3)がクエン酸の(-H)の部分と反応して炭酸ガス(CO2)が発生します。

反応前:C(OH)(CH2COOH)2COOH (クエン酸) + 3NaHCO3  (重曹)→ 
反応後:C(OH)(CH2COONa)2COONa + 3CO2 (炭酸ガス) + 3H2O (水)

クエン酸と重曹が反応するちょうどの量は以前に実験しています。

今回のバスボムの配合は同量になっているので、反応しきれなかったクエン酸がお湯に溶けて残っている可能性があり、お湯のPHは酸性側になっているかもしれません。

まとめ

今回は目玉のバスボムに挑戦しました!他にもいろんなバスボムを紹介しているのでチェックしてみてくださいね!
https://itadakimasulab.com/tag/バスボム/
とても簡単なので是非作ってみてくださいね。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter