手作りアロマクラフト『タイガーバーム』再現してみた!

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

目次

今日の実験 手作りアロマクラフト『タイガーバーム』再現してみた!」

必要な時間 20分(待ち時間60分) 
難易度 ★★★☆☆

おじいちゃんの家にあったあのスース―気持ちいいタイガーバームです!

用意するもの

≪虫刺され軟膏≫
・ベビーワセリン 7g
 (普通のワセリンでOK)
・ミツロウ 2g
・メントールクリスタル 1g
・カンファ―(樟脳) 1g
・精油(クローブ、和ハッカ、ユーカリ)各5~10滴
 ※肌に合わない場合や妊婦への使用は各成分をご確認の上使用してください。
・クリーム容器

手順

1.ガラス容器にワセリン、ミツロウ、メントール、カンファ―を入れ湯銭にかける

2.溶けたら精油を加える 
  香りや肌への刺激を確認しながら調合すると、完成品のクオリティーがイメージに近いものになります

3.容器に移して出来上がり

結果

今回、手元にタイガーバームの現物がなかったため、自分の記憶の中のものとの比較になりましたが、なかなか良い感じに再現できたのではないかと思います。
後日検証もかねて買いに行ってみようと思います。(買うのがもったいないから自作してるんだけど(笑))

台所実験家サッキィの解説
制作にあたってのリサーチなど

タイガーバームを作ろうと思い立って成分を調べていたらネットで確認することができました。

成分分量
d-カンフル24.9g
ハッカ油15.9g
ユーカリ油12.9g
L-メントール8.0g
チョウジ油1.5g
(100g中) 添加物:ワセリン、パラフィン

ベースにはワセリン、硬さを出すためにミツロウを使いました。
上記の成分のうち、ⅾ-カンフルは樟脳やユーカリに含まれる成分なのでこれを樟脳で代用しました。
香りの質としてはローズマリーなども同じ成分が入っているので使ってもいいかもしれません。
ハッカ油は薬局で買った北見ハッカ油です。ハッカも和ハッカ以外にペパーミント、アップルミント、スペアミントなど様々な種類がありますので使い分けて香りを楽しむのもいいかもしれません。

まとめ

今回はタイガーバームを作ってみました。作ってみて感じたことは、精油を入れる段階でもっといろんな香りを調合すればタイガーバームの枠を超えて自分オリジナルの素敵なバームになるということ。
皆さんも自分オリジナルのバームを是非作ってみてくださいね。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる