知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

潤い消毒ジェルの作り方

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

潤い消毒ジェルの作り方

必要な時間 20分 
難易度 ★★☆☆☆

消毒ジェルを買うのがもったいなくて自作してみるの巻

用意するもの

・精製水     15g
・グリセリン    5g
・無水アルコール 20~30g
・キサンタンガム 耳かき5杯程度

・計量カップ
・混ぜる用のスプーンなど

手順

1.精製水を測り、グリセリンを加える

2.攪拌しながらキサンタンガムを加えダマになった部分がふやけるまでしばらく放置

3.攪拌しながらアルコールを加える

結果

最初は失敗してしまいましたが、アルコールを少しずつ加えることで市販品のような滑らかなジェル状の消毒液が完成しました!
今回は消毒ジェルを自作してみました。
市販品はアルコール濃度が書いてないものも多くて効果があるのか不安なので自作するのも良いかと思います。今回はアルコール60%なので十分殺菌効果が期待できます。

台所実験家サッキィの解説

市販のアルコール消毒液について触れたいと思います。
市販で売られているもアルコールには種類があります。今回使用したのは無水アルコールで値段も高めでした。これは酒税がかかってくるからですが、メタノール、ベンザルコニウムなどエタノール以外のアルコール類が成分として入っている商品もあり、そちらの方が安いです。
殺菌効果としては70%付近が効果があり、無水エタノールに比べると揮発しにくくなります。ただしアルコールを入れすぎると失敗するので今回は60%濃度で作ってみました。手に付けた感じかなり効果が期待できそうです♪
失敗した動画もご覧ください( ´艸`)

まとめ

今回は消毒ジェルを作ってみましたが、原価が高くついてしまいました。(それでも市販品よりはコスパはいい)次回はもっと家にありそうなもので作ってみたいと思います。
是非作ってみてください!

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter