秋の癒しアロマ-練り香水を作ろう!

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

目次

今日の実験 秋の癒しアロマ-練り香水を作ろう!」

必要な時間 20分(待ち時間60分) 
難易度 ★★★☆☆

夏から秋にかけて季節の変わり目、カラダのバランスを崩しそうなとき、心地よい香りに癒されてリラックスしてみたら心も体もゆったりと落ち着きます。

用意するもの

・ミツロウ 10粒
・オイル(今回はホホバオイル)4g
・お好みの精油合計 合計30滴

・容器(アルミ製)

手順

1.アルミ缶容器に直接ミツロウ、オイルをはかり入れる

2.湯銭でみつろうを溶かす

3.火を止め精油をお好みで加える

結果

触ると表面が体温で溶けるちょうどよい固さに固まりました。とってもいい香りがします。

台所実験家サッキィの解説

本来香水は、植物から抽出した精油を調合することで作られていました。
今ではほとんどの香りが人工的に作ることができるようになり、工業化が進みました。
今でも市販されている香水の中にはこの精油成分も含まれますが、合成香料も含みます。
今回調合した練り香水は100%天然成分でできているので、市販のものより早く揮発するし、香りもマイルドです。

この練り香水は自分が楽しむように調合しました。5メートル以上離れていても香りが届くような市販の香水ほどの主張はありませんが、隣に座った時近くで話をした時に、なんだかいい香りがするなぁというくらいの控えめなところも魅力です。

まとめ

さりげない香りの練り香水を作ってみました。好きな香りで是非作ってみてください。
2種類からでも十分いいハーモニーで奏でると思います。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる