知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

色が変わる?!不思議なカクテル

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるのでみてね)

今日の実験「色が変わる?!不思議なカクテル

必要な時間 20分
難易度 ★★★★☆

この実験をするには・・・

用意するもの

・バタフライピー(お茶・花)
・レモネード
・ジントニック
・氷

手順

1.バタフライピーにお湯を少量注ぎ色素を抽出したのちジンを注ぎ色をつける

2.グラスにレモネードを注ぎ氷を入れる

3.次に色のついたジンを注ぐ(黄色と青の層に分かれる)

4.最後にトニックウォーターを注ぐ

 ☝ここが変色ポイン!

実験の結果

≪仮説では≫
レモネード(黄)ジン(青)トニックウォーター(透明)
になると思っていました。

≪実際の結果≫
最後にトニックウォーターを注ぐとジンと順番が反転し真ん中にトニックウォーターが降りると同時に、トニックウォーターの酸味によってジンに抽出されたバタフライピーの青い色素は紫に変化しました。

台所実験家サッキィの解説

バタフライピーの色素が変わる理由をここでは分かりやすく説明します。

紫キャベツにはアントシアニンという色素が含まれています。

アントシアニンは酸性〜中性~アルカリ性に変化する過程で色が変わるという特徴を持っているんです。

酸性のとき: 赤紫~紫色
中性のとき: 青色
アルカリ性のとき: 青緑色

今回は、実験の最初は青色でした。
次にトニックウォーターを入れると紫色になりました。トニックウォーターが酸性の性質を持っていることが予想されます。

まとめ

今回はお酒を使ってちょっと大人の実験でした。
次回はジュースで子どもも楽しめる実験をやってみたいと思います!
色の変化を楽しむ実験は他にもいろいろあります。
是非おうちでもやっていみてください。

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter