知るチカラ、考えるチカラ、選ぶチカラ、つながるチカラ、食べるチカラ=生きるチカラを育む

納豆づくり失敗から学んだこと-失敗するとこうなります・・・。

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(画像もあるので見てね!)

今日の実験「納豆づくり失敗から学んだこと」

必要な時間 仕込み5分 保温24時間
難易度 ★☆☆☆☆

用意するもの

・柔らかく煮た大豆 おたま3~4杯
・納豆(既製品)大さじ1 

 使用した器具

  ・保温器(ヨーグルトメーカー)

手順

1.袋の中で柔らかく煮た大豆に市販の納豆を混ぜる

2.袋を結んで閉じ保温器の中で丸一日人肌程度の温度で保温

結果

豆が酸っぱく納豆とはちょっと違う発酵過程をへた別の食べ物になった。
粘りも弱く、納豆の香りはしない。
腐敗まではしていないが納豆と呼べる代物ではなく、とても食べたいと思えるような仕上がりではなかった…。

台所実験家サッキィの解説

ここではなぜ納豆づくりに失敗してしまったのか分かりやすく解説します。

●豆の状態
 今回は味噌づくりで余っていた大豆を解凍してそのまま使いました。
 解凍するまで常温で自然解凍して、納豆菌が付く手前で他の雑菌がつかない保証がなかった。
 使う前に一度再加熱して殺菌すると良かったかもしれません

●種菌の量
 今回は種菌に市販の納豆を使いましたが量が少なすぎたようです。

●発酵器の温度
 今回は36度に設定して保温しました。
 いろんなサイトを見ると40~45度が最適と書かれているのが多かった。

●発酵条件(嫌気・好気)
 「保温時に、袋の口を結んだこと」
 今回失敗した一番の原因はこれにあるのではないかと思っています。
 納豆は好気性菌なので醗酵時に袋の口を結んで空気が入らなくしてしまったことで乳酸発酵(乳酸菌は通性嫌気性菌)がすすんだことが考えられます!

まとめ

発酵は様々な条件で上手くいったりいかなかったりします。
今回分かったポイントは
・雑菌が増えないようにする
 (常温放置、冷凍解凍などのステップを増やしすぎない)
・ケチらずある程度種菌を入れる
・最適温度は40~45度
・適度に空気が入るようにする

でした。
次回こそは成功させて美味しいなっとうを頂きたいと思います。

👉成功した記事はこちら

毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter