黒くならないバナナの甘酒をつくりたい!完結編

こんにちは!台所実験家サッキィです。
皆さん、毎日の台所ワーク楽しめていますか?
日々の家事に追われて台所が嫌な場所になっていませんか?
台所は私にとってワクワク楽しい幸せの発信基地。
そんな楽しい発信基地が世界中にたくさん増えるように毎日この白衣(=エプロン)姿で台所実験して、発信しています! 

毎日、Twitterで実験の様子をつぶやいているのでもしよかったらそちらもチェックしてみてくださいね。

サッキィのTwitter

さっそく今日の実験をご紹介!
(動画もあるので見てね!)

目次

今日の実験 黒くならないバナナの甘酒をつくりたい!完結編」

必要な時間 5分 (保温時間8時間程度) 
難易度 ★☆☆☆☆

きれいな色の甘酒を作りたくていろいろ試してみました。

用意するもの

・バナナ
・麹
※Take2で褐変を防ぐためにゆず酢を入れてみました!

<使用する器具>
・ポリ袋
・保温器

手順 Take2

1.バナナを5ミリ四方に刻みます。褐変防止のためゆず酢を加えます!

2.ポリ袋にバナナと麹を入れてよく混ぜます。

3.なるべく空気が入らないように口を結んで保温器に入れ60℃で8時間保温する

手順 Take3

1.麹と水をふくろでまぜます。

2.2つに切ったバナナを入れて麹で覆い空気に触れさせないようにします。

3.60℃で8時間保温する

結果

Take2

・Take1よりは薄いが、黒く変色した

Take3

・少し色が付いたが、Take1,Take2に比べると薄い
・中のバナナは変色してなかった!

Take1~Take3

1から3の順に変色度合いが薄くなった。

左:Take1 中:Take2 右:Take3

台所実験家サッキィの解説

ここではバナナの色の変化について分かりやすく解説します。
Take1は変色してしまいましたが、これはバナナに含まれるポリフェノール類が空気中の酸素に触れ酸化して褐変してしまったと考えられます。十分に空気を抜いたつもりでしたが、なか少しの量でもかなり褐変してしまうことが分かりました。一方でTake3ではバナナは完全に麹に覆われて空気に触れていなかったため変色せずにいけました。しかし、麹に溶け出たバナナの成分にポリフェノールが含まれていたため、麹の色が少し変色したことが考えられます。

まとめ

今回はバナナの甘酒を褐変しないように作ってみました。
Take3でようやくうまくいきました。
甘酒の味はバナナ風味。色もほんのりバナナでこれだったら出されても躊躇なく食べられそうです。しっかり冷やして美味しく頂きました!
バナナ以外の食品でもいろんな甘酒を作れるので是非やってみてください。

↓バナナの甘酒「Tke1のTwitter投稿とブログ記事↓
itadakimasulab.com/2020/07/23/1390/…


毎日Twitterで新しい実験を紹介しているのでぜひフォローをよろしくね!
気軽にリプもお待ちしています。

さっきぃのTwitter

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる